ピクシス 値引き

ピクシスの値引きに有効な手法は!?

トヨタ ピクシスでいいことができる

ピクシススペース

ピクシススペースの値引き情報なのですが、初回値引きは8〜10万円ぐらいで競合多種の多いようなピクシススペースなのですが、値引きに関しては渋っているディーラーが多いです。
軽自動車のマーケットは競合車種がとても多くてスズキのワゴンRやホンダのNボックスやダイハツのタントといったものなど、四角いボディを持っているようなモデルだけでもライバルが混在している状況です。

 

こうしたライバル社と比較交渉をしてみるといったことでさらに値引きを目指してみたいですが、引き出せるような額としては15〜18万円ぐらいなのです。
そして、2011年の9月にトヨタから発売されたピクシススペースでは同じ軽自動車の中に多くのライバル車種を抱えて折り、そのために比較交渉をしやすいと言ったことがありますが、引き出せるような額はいたって限定的であり、値引きを渋っているようなディーラーの意向もよく分かるのです。
また、エンジン車としてカタログ燃費で26q/Lと検討しています。
そしてコンパクトなボディであり、市街地などで走行でもこの数字から大幅に落ちてしまうといったこともなくて、まさに普段の利用に適している軽自動車なのです。
また、四角いボディは丸みのあるようなボディよりも快適であり、天井が高くて窮屈さがないということはもちろんのこと、運転自体にもメリットがあります。

 

そしてフロントガラスの面が広いですから、非常に視界もひろいのです。
また、カーブや左折の時にもストレスを感じてしまうといったことはないのです。
そして、燃費もとても快適性も優れていて、最近同様の値段によってよりエコなまたは燃費のいいような車もたくさんリリースされていて、特に突出したようなメリットがないようなピクシススペースは、なかなかユーザーには選ばれにくいものでもあります。

 

そしてエンジン音やブレーキノイズが気になってきたりしますが、最近より優れているような静寂性を持っている軽自動車が多くなっていて、ピクシスは劣っています。
またノイズの音がするわりにエンジンのパワーもブレーキの機器も高くなくて、納得できないような方もいらっしゃるでしょう。

 

またピクシススペースはダイハツで作った製品を国内のトヨタで発売していると言ったとても珍しいケースのものであり、そのために、車の設計自体ダイハツになっているという状況なのです。
そしてこのピクシススペースでは若者であっても手に取りやすいような価格設定と、カラーバリエーションが一つの特徴になっています。

 

 

ピクシスを安く買いたい!

ピクシススペース

車、買うとなったら高いですよね。
かといって、車がなければ生活がなりたたないような、生活必需品である地域も多いし。
いざ買い換えるとなると、本当に大きな負担になります。

 

 

安い中古車を探して買うのも、1つの選択肢ですが。
自分の希望の車種が、ちょうど売りに出されるタイミングはわからないものです。

 

それに、他人の乗った車。
いかに綺麗に見えたとしても、前のオーナーがタバコを吸う人であったり、子供がシートを汚したあとが残っていたり。
その車の生活歴というものは、すっかりなかったことにはできないものです。

 

走行距離が短くとも、その分の消耗は否めないし。
車に詳しくない素人には、補修歴があるのかさえ、わからない場合が多いものです。

 

 

自分の欲しい車を最適な状態で買いたい。
その場合、新車を買うのが自然な流れになるかと思います。
でも新車は当然高い!
同じ車を買うのならば、少しでも安く買いたいのが人情。
ピクシスを安く買うには、どんな方法があるのでしょう。

 

まずは、ディーラーを数箇所見て回る事が第一のポイントです。
どこのディーラーも車を売りたいのですから、他の所を検討している事を匂わせれば、
必ず、多少なりとも値引きに応じてくれます。

 

私の知り合いは、2つのディーラーで、どちらでも見積もりをとって、お互いのディーラーに相手の見積もりを持参。
それを数度繰り返し、そのたびにどちらのお店でも、値引きしてくれたそうです。
しかし、ディーラーの営業さんも、車を売ろうと必死なので。
ほどほどにしておいた方が、人格を疑われずに済むかも?しれませんね。

 

 

2つ目は、今乗っている車を下取りに出すことです。
今は中古車買取りのメーカーもたくさんありますが。
買い取りと下取りでは、値段が違う事がよくあります。

 

市場価格の高い車の場合、買い取りの方が高くなる場合もあり得ますが。
例えば、同じメーカーの車に買い換える場合、自社の系列の中古車販売業者で販売できるので。
一般的な下取り価格より、高い値段で買い取ってくれる事もあります。
そしてその分、ピクシスの値引きに反映させる事ができるのです。

 

 

3つめは、直接値引きをお願いするよりも、アクセサリー類等の追加をお願いした方が、応えてくれやすい事も多いです。
やはり値引きとなると、ディーラーに入る金額が減ってしまい、売上ノルマに響きます。
どうしても値引きの上限というのが決まっており、こちらの希望額にはなかなかならないものです。

 

その場合、例えばナビやエンジンスターターといった、欲しい装備をつけてもらえないかと聞いてみる。
上手く行けば、サービスしてもらえる可能性もあります。
結果的に見れば、値引きと同じ効果になります。

 

 

以上、ピクシスを安く買うには、いろいろなテクニックがありますが。
それにしても、車は高価な買い物です。
車を買ったなら、そのディーラーさんとは長い付き合いになります。
お互いの希望をすり合わせて、欲しい車を納得の金額で買いましょう。